2008年09月24日

独身男性みたいなリュジン、格別の妻と息子愛公開

200809231034351001_1gh.jpg俳優リュジン(本名イムユジン)が7歳年下の妻と一歳の息子チャニョン君に対する格別の愛情を現わした。

KBS-2TVの週末ドラマ「オンマが怒った」で、さざえパパのイジョンウォン役を熱演しているリュジンは、23日放送されたSBS「イジェリョン・ソンウナの良い朝」に出演、妻イヘソンさんとの最初の出会いから結婚に至るまでのフルストーリをびっくり公開した。

7歳年下のスチュワーデス出身の妻と7年の熱愛の結果、2006年に結婚にゴールインしたリュジンは「団体の合コンで今の妻を初めて会ったが、綺麗というより珍しい面に惹かれた。」「妻の話し方、人に対する方式が本当に独特で魅力を感じた。」と打ち明けた。

また、結婚してから1年2ヶ月ぶりに得た息子チャニョン君に対しては、「他の人々が抱いて泣いている途中、私が抱いて泣きを止んだことがあるが、その時、私がアッパというのを実感した。」と話して、父親になった後、世の中を見る目が変わったと明らかにした。

一方、リュジンはドラマ「オンマが怒った」の終放宴の席で、ドラマの中の名場面を上げて欲しいという取材陣の要求に、「放送後に論難になったシンウンギョンさんとのきまり悪いラブシーン。」と答えて笑いを催した。

一方、平均視聴率30%を越える視聴率で週末ドラマ1位の席を守り、人気裏に放映されたドラマ「オンマが怒った」は、28日、66回で終映する。

ソンユンセ記者 knaty@newsen.com

[newsen]2008-09-24 08:30:48


2009-01-22 22:59:12up
posted by rika1999 at 08:30| ■TOPICS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。