2008年11月18日

‘10才若い役の為には、この程度の努力くらいは’、リュジンの大変身

200811180524.jpg
演技者リュジンが、時ならぬ‘年下修業’の真っ最中だ。

幼く見える為に髪を短く刈り、声のトーンも変えた。靴の代わりに運動靴に替えて履くことだけでは足りず、ネクタイも出来る限り締めない。

リュジンが幼くなろうと踏ん張る理由は、新たに引き受けた役の為だ。19日からMBCが放送する水木劇「総合病院2」で、27歳の1年目レジデント、ペクヒョヌで出演する。

実際の年よりおおよそ10歳も幼い役を表現する為に、悽絶な変身に出た。最近、ドラマの撮影場で会ったリュジンは「最大限幼く見えるのが今回のドラマの最大の宿題。」と話し「妻から毎晩マッサージを受けて、肌管理に神経を注いでいる。」と話した。

一緒に出演するキムジョンウンの場合、役自体が‘晩学の医大生’に設定され、実際の年との差が大きくないが、27歳で登場するリュジンは相対的に二倍の苦情を経験している。

また、劇中同い年と同時に善意のライバルとして登場するチャテヒョンとぶつかる場面が多いことも、彼の悩みを増やす要因。チャテヒョンは芸能界の代表的な童顔の一人。リュジンに心の荷物を加える存在だ。

甚だしくは、友達で登場するホウジンは、彼より12歳が幼い一回り年下だ。リュジンは「童顔のチャテヒョン、一回り年下のウジンとの競争で生き残ろうとすれば、ルックスから発声まですべてを変えなければならない。」と特別な覚悟を現わした。

幼くなろうとするリュジンの格別な努力は、「総合病院2」のシナリオを引き受けたチェワンギュ作家が「あまり完璧に変身すると、寧ろ視聴者の反感を買う可能性もあるから、いい加減にしなさい。」と頼んだほど。

しかし、リュジンは「医学ドラマのスタートを知らせた意味ある作品で輝きたい。」という理由で、変身に対する欲心を隠さなかった。

イヘリ記者 gofl1024@donga.com

[東亜日報]2008-11-18 18:07
posted by rika1999 at 22:54| ■MBC週末劇「総合病院2」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。